2012年10月31日

Johnny Marrニュー・アルバム“The Messenger”は来年2月

johnny marrのニュー・アルバムは来年2月25日リリース、タイトルはthe messenger。the healersが外れた純然たる初ソロ名義作品となるらしい。“I didn't want to be in someone else's band anymore”というのは説得力があるようでいて、どの口が言う?と突っ込まざるをえないところもあり、総じて50歳近くのベテランにしては青すぎる感慨でもある。ただ、経歴からしても唐突な「1年半で2枚」宣言がゆるゆると2年で1枚になる性質からしても決して「五十にして天命を知る」類の話ではないことだけははっきりしている。

Johnny Marr on his debut solo album: 'I didn't want to be in someone else's band anymore'
http://www.nme.com/news/johnny-marr/66902

Johnny Marr ニュー・アルバムは来年1月末 2012/10/07
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/10940397.html
12月にはDinosaur Jr.と共演予定 2012/10/25
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/10961570.html


robbie williamsニュー・アルバムtake the crownからの2ndシングルはdifferent。リリースはrobbie williamsも参加のクリスマス・チャリティ・シングルhe ain't heavy, he's my brother(http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/10963643.html)と同日の12月17日。
http://www.robbiewilliams.com/news-blogs/different-robbies-next-single-announced
take the crwon試聴
https://itunes.apple.com/jp/preorder/take-the-crown-deluxe-edition/id557595150


the killersはlater...with jools hollandに出演。runawaysとfrom here on outを披露。from here on outでは何か手違いがあったのかイントロでちょっと手こずっている。
runaways
http://www.youtube.com/watch?v=_CfHYhuRsiU
from here on out
http://www.youtube.com/watch?v=D2GgH26Pewg


the blow monkeysの初期2作品(limping for a generation/animal magic)デラックス・エディションが日本盤でもリリースされることになった(12月5日)。出ないよりは出たほうがいいんだろうけど、再結成後のオリジナル・アルバム2作品(devil's tavern/staring at the sea)は完全にスルーだったことを思うと、素直には喜べない。80年代作品のリイシュー・デラックス盤となるとやけに張り切って飛びつく感じには、何かかえってしらけてしまう...。
limping for a generation
http://www.amazon.co.jp/dp/B009T5KYCG/
animal magic
http://www.amazon.co.jp/dp/B009T5KYH6/

The Blow Monkeys 初期2作品デラックス・エディション 2012/09/14
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/10913311.html
The Blow Monkeysデラックス・エディション詳細 2012/09/17
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/10916982.html
posted by atons at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | johnny marr | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

Robbie Williams“Candy”日本でもついに配信開始

robbie williamsのニュー・シングルcandy(11月5日リリースのアルバムtake the crownからの1stシングル)が日本でもついに配信開始。
candy - single
https://itunes.apple.com/jp/album/candy-single/id558817147
http://www.youtube.com/watch?v=gtOV7bp-gys
posted by atons at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | robbie williams | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Robert Palmer EMI期4作品デラックス・エディション

robert palmerが1988年から1994年にかけてEMIからリリースした4作品(heavy nova/don't explain/ridin' high/honey)がリイシュー・デラックス盤化。ただし2作品ずつまとめた“heavy nova+don't explain”“ridin' high+honey”としてのリリース。11月29日発売、amazonでの入荷日は11月27日。

普通は1枚を2枚以上にするところを、2作品ずつむしろコンパクトにまとめてしまっているので、デラックス・エディションと呼ぶのに躊躇いも無いわけではないし、ボーナス・トラックからearly in the morning(get up mix)やgirl u want(pinaxa mix)などがもれていたりするのはあまりに残念だが...、何故か大ヒット作riptideさえいまだ手つかずという状況にあってはまさに待望のリイシュー。

なお11月19日にはfine young cannibalsの1stとthe raw and the cookedもコレクターズ・エディションとしてリリースされるはずなのだが、こちらはいまだに追加収録等の詳細が伝わってこない...。
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/10906833.html

heavy nova+don't explain
http://www.demonmusicgroup.co.uk/Product.aspx?ProductID=6226
http://www.amazon.co.jp/Heavy-Nova-Plus-Dont-Explain/dp/B009N8SE80/
disc 1
heavy nova
1.simply irresistible
2.more than ever
3.change his ways
4.disturbing behaviour
5.early in the morning
6.it could happen to you
7.she makes my day
8.between us
9.casting spell
10.tell me i'm not dreaming
(bonus tracks)
11.simply irresistible(extended version)
12.nova
13.simply irresistible(e.t. remix)
14.change his ways(wed 9 pm mix)
15.i'll be your baby tonight(extended version)
16.mercy mercy me/i want you(12" remix)
17.happiness(12" remix)
disc 2
don't explain
1.you mother should have told you
2.light-years
3.you can't get enough of a good thing
4.dream to remember
5.you're amazing
6.mess around
7.happiness
8.history
9.i'll be your baby tonight
10.housework
11.mercy mercy me/i want you
12.don't explain
13.aeroplane
14.people will say we're in love
15.not a word
16.top 40
17.you're so desirable
18.you're my thrill
(bonus tracks)
19.deep end
20.oh yeah
21.all shook up

ridin' high+honey
http://www.demonmusicgroup.co.uk/Product.aspx?ProductID=6227
http://www.amazon.co.jp/Ridin-High-Honey-Robert-Palmer/dp/B009N8SE94/
disc 1
ridin' high
1.love me or leave me
2.(love is) the tender trap
3.you're my thrill
4.want you more
5.baby, it's cold outside
6.aeroplane
7.witchcraft
8.what a little moonlight can do
9.don't explain
10.change
11.goody goody
12.do nothin' till you hear from me
13.honeysuckle rose
14.no, not much
15.ridin' high
16.hard head
disc 2
honey
1.honey a
2.honey b
3.you're mine
4.know by now
5.nobody but you
6.love takes time
7.honeymoon
8.you blow me away
9.close to the edge
10.closer to the edge
11.girl u want
12.wham bam boogie
13.big trouble
14.dream come true
(bonus tracks)
15.know by now(pinaxa mix)
16.in the stars
17.you blow me away(remix edit)
18.you blow me away(alge mix)

posted by atons at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

Robbie Williams“Take The Crown”まで1週間

最新のUKアルバム・チャート初登場1位はtaylor swiftの4thアルバムred、UKでは初の1位。日本ではredからの1stシングルwe are never ever getting back togetherに「〜私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない〜」というサブタイトルがくっついている。さらにユニバーサル・インターナショナルのサイトでは「“絶対に絶対にヨリを戻したくない”ダメ男(女)」エピソードを公開中。...何もしないという選択肢もあるのに...。

emeli sandeのour version of eventsが先週9位から2位となったのは、デラックス・エディションがリリースされたため。デラックス・エディションには今週シングル・チャート1位beneath your beautiful(labrinth feat. emeli sande)、10位wonder(naughty boy feat. emeli sande)も収録。

labrinth feat. emeli sande - beneath your beautiful
http://www.youtube.com/watch?v=bqIxCtEveG8
naughty boy feat. emeli sande - wonder
http://www.youtube.com/watch?v=_kASjW_aPbQ

taylor swiftのほかにトップ10内の初登場は、4位lawson(chapman square)、6位dappy(bad intensions)、7位daniel o'donnell(songs from the movie and more)。先週35位から9位に急再浮上したpaloma faithのfall to graceもデラックス・エディション効果。9月に最高16位を記録しているINXSのカバーnever tear us apartを追加収録(http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/10933351.html)。

paloma faith - never tear us apart
http://www.youtube.com/watch?v=dCYtesyE7OA

adeleの“21”はリリースから92週目で2度目のトップ20圏外となる25位。前回は9月最終週の24位だったので25位は最下位。skyfallはシングル・チャート7位。


いよいよアルバムtake the crownリリース(11月5日、日本盤は11月14日)まで1週間となったrobbie williamsはThe X Factorに出演、take the crownからの1stシングルcandyを披露(審査員席にはcandyの共作者でもあるgary barlowの姿も)。ちょうど28日に配信リリースされたばかりのcandyはiTunes storeチャートであっという間に1位。日本での配信は10月31日から。

robbie williams - candy (the x factor 2012/10/28)
http://www.youtube.com/watch?v=mQhPKy7_BR8
take the crown試聴
https://itunes.apple.com/jp/preorder/take-the-crown-deluxe-edition/id557595150
posted by atons at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

The Killers UKアリーナ・ツアー初日

the killersはいよいよ本格的にツアー開始。UKアリーナ・ツアー初日10月26日グラスゴー公演のセットリストもすっかりbattle born仕様。

S.E.C.C. glasgow, scotland 2012/10/26
a matter of time
http://www.youtube.com/watch?v=EUjP2kDGl0M
http://www.youtube.com/watch?v=WtxerqJsU8Q
flesh and bone
http://www.youtube.com/watch?v=ZrS9yRD2JrM
smile like you mean it
spaceman
bling(confessions of a king)
miss atomic bomb
http://www.youtube.com/watch?v=rgsVT4M5IyY
human
here with me
http://www.youtube.com/watch?v=WS4-umQ2L1s
for reasons unknown
the way it was
deadlines and commitments
somebody told me
jenny was a friend of mine
a dustland fairytale
read my mind
runaways
http://www.youtube.com/watch?v=LkQDAuLP_wg
mr.brightside
all these things that i've done
from here on out
(encore)
be still
http://www.youtube.com/watch?v=sGdOWSzAfHk
when you were young
battle born
http://www.youtube.com/watch?v=mhEh_dl3tVE
posted by atons at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | the killers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2ヶ月足らず

mick jonesが旗振り役を務めるクリスマス・チャリティ・シングル企画にrobbie williamsが参加。the holliesのhe ain't heavy, he's my brotherのカバーを12月17日にリリース。ほかにはdave mccabe/paul heaton/rebecca ferguson/paloma faithといったアーティストが名を連ね、さらにpaul maccartneyの参加も噂されている。プロデュースはguy chambers。売上げはいわゆる「ヒルズボロの悲劇(1989年)」において犠牲となったリヴァプール・サポーターの名誉回復を支援する活動に寄付される。例年x-factor優勝者を中心に展開するクリスマス・チャートの1位争いでも注目を集めることになる。

http://www.factmag.com/2012/10/26/mick-jones-and-robbie-williams-sign-up-for-hillsborough-xmas-charity-single/

またrobbie williamsはアルバムtake the crownのリリース日11月5日に、オックスフォード・ストリートのクリスマス・イルミネーション点灯式に参加するとのこと。
Robbie To Switch On Oxford Street's Christmas Lights
http://www.robbiewilliams.com/news-blogs/robbie-to-switch-oxford-streets-christmas-lights


来週から11月、クリスマスの話題も多くなってくると、どうしても気になるのがthe killersのクリスマス・シングル。毎年11月末から12月初めにかけてのリリースなので、あるとすればそろそろ情報が伝わってくる頃。ただ昨年the cowboys' christmass ballと一緒に6年分をまとめた(red)christmas EPも出ているから、何となくひと区切りつけたような感じがしないでもない。6年間続いただけで十分ありがたいことだけれど、仮に今年のリリースが無いとしたら、クリスマスにかけてのほとんど唯一の楽しみを失うようなものだ...。


母親の入院により一時帰国中のmorrissey。当初29日ミネアポリス公演から再開予定だったUSツアー全日程(すでに延期となった4公演を含む)26公演の延期を決定。12月14日以降のニュージーランド/オーストラリア・ツアー6公演は今のところ予定通り。
http://true-to-you.net/morrissey_news_121026_01
posted by atons at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | robbie williams | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

1991

90年代にかけてロッキングオンやクロスビートを頼りに洋楽を聴いてきた世代にとって、dinasour jr.やnirvanaあたりは聴かずにやり過ごすほうが難しかった。オルタナティヴの意味も今では大分広義に用いられるようになったけれど、当初は(または少なくとも当時の僕の中では)オルタナティヴといえばロー・ファイでささくれだったギターを鳴らすつまりdinosaur jr.のようなバンドという認識だった。

はじめて聴いたアルバムは1991年リリースのgreen mind。軽音楽サークルの先輩が貸してくれたものだった。サークルの最初顔合わせでたまたま前後の席になり、話しかけてもらった際にギターを弾くと聞いて「こういう穏やかで優しそうな人がギター持つと凄かったりするんだよな」と思ったのと、どういう流れだったか一度だけ一緒にやってみようということになりthe jamのgoing undergroundを合わせたのを覚えている。でも名前はどうしても思い出せない。

dinasour jr.やnirvanaを聴く人もいれば、中にはXTCやdepeche modeを演奏するバンドもあったのに、結局そこでもmorrissey/the smithsを聴いている人には出会わなかった。一年に一度くらいの割合でthe smithsのTシャツを着ている人とすれ違うくらいのものだった。

morrisseyとthe smithsの名前を挙げたら「へぇ、じゃあその刈り上げはmorrisseyを意識してんの? 」と言われたことはあった。...そう真正面から言われるとさすがに気恥ずかしいなと思いながらも、珍しくmorrisseyを知っている人がいた!と喜んだのも束の間、「こんな身近にモリッシャーがいたとは...」と変に感心するばかりでその後が続かない。洋楽雑誌でmorrisseyの名前と風貌を、そして「ツルモク独身寮」の表紙裏でモリッシャーという呼び方知っていただけだった。

1991年といえばjohnny marrはelectronicの1stアルバムをリリース。それもthe theと掛け持ちだったし、その後客演の幅は広がり続け、果てはjohn fruscianteからgirls aloudまでに及び、さらにmodest mouseとthe cribsに立て続けに加入、最近ではnile rodgersとも懇意になり...、ちょっと雑に振り返ってみてもやっぱり凄まじい根無し草ぶり。dinosaur jr.との共演の知らせに最初は驚きもし、もちろん楽しみにも違いないが、落ち着いてみればjohnny marrのせいですでに意外性には乏しかったりもする。
posted by atons at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 90年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Weekndの新曲EnemyにPlease,Please,Please Let Me Get What I Wantが

the smithsのpleas, please, please let me get what i wantを織り込んだthe weekndの新曲enemy。
the weeknd - enemy
http://www.youtube.com/watch?v=-3VIh8ZB-M8
posted by atons at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | morrissey | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Foals 新曲“Inhaler”11月5日解禁、3rdアルバム“Holy Fire”は来年2月

2012年のtotal life forever以来約2年半ぶりとなる、foalsの3rdアルバム“holy fire”のリリースが来年2月11日に決定。新曲“inhaler”は11月5日解禁(iTunes store予約でダウンロード可能)。プロデュースはfloodとalan moulder。
posted by atons at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

Johnny Marr、12月にDinosaur Jr.と共演

dinosaur jr.のアルバムyou're living all over me(1987)リリース25周年記念ライブ(12月1日、ニューヨークterminal5)にjohnny marrがスペシャル・ゲストとして出演。

Special Guest Johnny Marr Announced for December 1 YLAOM Celebration
http://www.dinosaurjr.com/special-guest-johnny-marr-announced-for-dec-1-ylaom-celebration/

johnny marr今年の主な共演。
the cribsに一時復帰(5月)
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/10754999.html
mark ronson、nile rodgersとstop me/le freakを共演(7月)
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/10836294.html
bryan ferryと共演(7月)
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/10838811.html

ソロ作は来年1月末
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/10940397.html

...少なくとも今のところ連立政権が総辞職してもthe smiths再結成の余裕は無いように見える。
posted by atons at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | johnny marr | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする