2013年04月30日

ペット・ショップ・ボーイズ 1stシングルAxisリリース!

今日詳細が解禁になったばかりのpet shop boysニュー・アルバムelectric(7月15日リリース)から、1stシングルAxisが急遽リリース。日本のiTunes storeにはまだ見当たらない。

Pet Shop Boys - Axis
http://www.youtube.com/watch?v=IDCU17wXktY
https://itunes.apple.com/gb/album/axis-single/id642387759

Electric
http://www.petshopboys.co.uk/news/3776
1. Axis
2. Bolshy
3. Love is a bourgeois construct
4. Fluorescent
5. Inside a dream
6. The last to die
7. Shouting in the evening
8. Thursday (featuring Example)
9. Vocal

Electric - The New Album - June 2013
http://www.youtube.com/watch?v=gNliJ66WbbU
Axis(Cumbre Tajin, Mexico 2013/03/22)
http://www.youtube.com/watch?v=8Il_qc0tftE
The Last To Die (Cumbre Tajin, Mexico 2013/03/22)
https://www.youtube.com/watch?v=7eV5ODQHpo0
posted by atons at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット・ショップ・ボーイズ ニュー・アルバム“Electric”詳細解禁

pet shop boysが7月15日にリリースするニュー・アルバムelectric(stuart priceプロデュース)の詳細が明らかに。bruce springsteenのカバーthe last to die、exampleをフィーチャーしたthursdayを含む全9曲収録。レコーディングは6ヶ月に渡りロンドン/ベルリン/ロサンゼルスで行われ、fluorescentについては先月書かれたもの。

Electric - the new album
http://www.petshopboys.co.uk/news/3776
1. Axis
2. Bolshy
3. Love is a bourgeois construct
4. Fluorescent
5. Inside a dream
6. The last to die
7. Shouting in the evening
8. Thursday (featuring Example)
9. Vocal

Electric - The New Album - June 2013
http://www.youtube.com/watch?v=gNliJ66WbbU
Axis(Cumbre Tajin, Mexico 2013/03/22)
http://www.youtube.com/watch?v=8Il_qc0tftE
The Last To Die (Cumbre Tajin, Mexico 2013/03/22)
https://www.youtube.com/watch?v=7eV5ODQHpo0

ペット・ショップ・ボーイズ ニュー・アルバムElectric 6月リリース 2013/03/14
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/11120002.html
posted by atons at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

ザ・キラーズ サンフランシスコ公演で3曲カバー

the killersがサンフランシスコ公演(27日/28日)でjourneyのlights、otis reddingの(sittin' on) the dock of the bay、tommy james & the shondellsのi think we're alone nowをカバー。the dock of the bayは以前にも披露したことがある。

Bill Graham Civic Auditorium, San Francisco 2013/04/27
Lights
http://www.youtube.com/watch?v=U9u3zBwGt4Q

Bill Graham Civic Auditorium, San Francisco 2013/04/28
(Sittin' On) The Dock Of The Bay
http://www.youtube.com/watch?v=VWjiVCXfSDw
I Think We're Alone Now
http://www.youtube.com/watch?v=3ISZV0RcFtM

posted by atons at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | the killers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エミリー・サンデー、デビュー作でビートルズ超え

最新のUKアルバム・チャート。michael bubleのto be lovedが2週連続1位。frank turnerのtape deck heartが2位、will i amのwillpowerが3位にそれぞれ初登場、いずれも初のトップ10入り。トップ20内の初登場はそのほかに14位のphoenix(bankrupt)のみ。こちらも5作目にして初のトップ20入り。

emeli sandeのour version of eventsは5位、今週で63週連続トップ10入り。これによりデビュー・アルバム連続トップ10記録において、ついにthe beatles(please please please me)の62週を抜き去ってしまった。実に50年ぶりの記録更新。通算10週1位、セールスは182万枚。今年だけで43万枚近くを売上げ、昨年から年間セールス1位の座もキープしている。

シングル・チャートでは先週配信リリースからわずか48時間で3位に初登場したdaft punkのget luckyが1位に。daft punkにとって初の1位のみならず、10日ほどでon more time(2000年 最高2位)/around the world(1997年 最高5位)に次ぐ大ヒット・シングルとなっている。

Emeli Sande関連記事
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/pages/user/search/?keyword=emeli+sande
posted by atons at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

東京女子流 新曲「運命」

東京女子流 6月5日リリースのニュー・シングル「運命/ワンダフルスマイル(新井ひとみと松島湾子)」から「運命」が公開。当初伝えられていたタイトル「My Prerogative」からもうかがえたように、Don't Be Cruel路線のニュージャックスウィング。

ヘヴィなグルーヴにキャッチーなメロディが映える、東京女子流の魅力をストレートに打ち出したタイプの曲。楽曲の面白さにはちょっと欠けるものの、前作Bad Flowerの歌謡ギター・ロックに続きこういった明快なコンセプトのほうがチャートにはよりアピールすると思う。「ワンダフルスマイル(新井ひとみと松島湾子)」と両A面である点を考慮すれば、シングルとしては完璧なバランスといえるかもしれない。

それに面白さにかけるといっても、あくまでもLimited addiction/Liar/Rock you!といった凄い曲ありきの話で、相変わらずこのご時勢にありえないほど強力で魅力的なシングルであることに変わりはない。無論Bad Flowerよりも断然いいし、いつもあともうひとひねりというかもうひと粘りが足りずもったいないところがあったビデオについては過去最高の出来栄え。だからオリコン4位以上でなければならない。

東京女子流 / 運命 -MV Short ver. + 30secSPOT-
http://www.youtube.com/watch?v=Vhbq65WcH3o
新井ひとみと松島湾子 - ワンダフルスマイル
http://www.khb-tv.co.jp/matsuwan/smile/
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/11011473.html

posted by atons at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京女子流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

Halfway To Heaven: The Best Of The Blow Monkeys & Dr. Robert

ニュー・アルバムfeels like a new morning(4月29日)に続き、the blow monkeysの3枚組最新ベストhalfway to heaven: the best of the blow monkeys & dr. robertが6月17日に(ソニーから)リリース。the best of the blow monkeys(CD1)にはfeels like a new morningを含む再結成後の3作から(それぞれ1曲ずつ)3曲収録。ただthis is your lifeや再結成第1作devil's tavern収録のthe bullet train/travelin' soulが漏れているのがあまりに残念。この3曲を欠いてはベストとは呼べないと思う。この企画自体は当初2008年に予定されていたものらしい。

また昨年の1st/2ndに続き、cherry redからは3rdアルバムshe was only a grocer's daughterデラックス・エディションのリリースも予定されているとのこと。

Halfway To Heaven: The Best Of The Blow Monkeys & Dr. Robert
http://www.superdeluxeedition.com/news/halfway-to-heaven-blow-monkeys-triple-set-hits-collection-on-the-way/
http://www.amazon.co.uk/gp/product/B00BYMKPXU/

CD1 – The Best of The Blow Monkeys
1. Digging Your Scene
2. It Does'nt Have To Be This Way
3. You Don't Own Me (from the Dirty Dancing Original Soundtrack)
4. Wait (featuring Kym Mazelle)
5. Choice? (featuring Sylvia Tella)
6. Celebrate (The Day After You) (featuring Curtis Mayfield)
7. Wicked Ways
8. Out With Her
9. La Passionara
10.Forbidden Fruit
11. He's Shedding Skin
12. Springtime For The World
13. Wildflower
14. Slaves No More
15. Be Not Afraid (featuring Cheb Khaled)
16. Chained(4月29日リリースfeels like a new morning収録)
17. Save Me(2008年リリースdevil's tavern収録)
18. Staring At The Sea(2011年リリースstaring at the sea収録)
19. Heaven Is A Place I'm Moving To
CD2 – The Best of Dr Robert
1. Birds Gotta Fly
2. The Coming Of Grace
3. Staring Down The Bird
4. Realms Of Gold (Demo)
5. Halfway To Heaven
6. Circular Quay (featuring Paul Weller)
7. Have No Roots (featuring Paul Weller)
8. Blueskies (Marius De Vries Mix)
9. Sycamore Tree
10. A Single Summer
11. Ode To Bacchus
12. This Is Nowhere
13. Don't Let It Slip
14. Further Adventures Of The Fen Tiger
15. Flatlands
16. Hercules Broom
17. Lucifer's Friend
18. I Can't Remember The Last Time I Cried
19. The Sky Is Falling
20. Digging Your Scene (Acoustic)
CD3 – Live from the Hammersmith Palais (1984)
1. Resurrection Love
2. Man From Russia
3. Atomic Lullaby
4. He's Shedding Skin
5. Waiting For Mr Moonlight
6. Trashtown Incident
7. It's Not Unusual
8. Limping For A Generation
9. Professor Supercool
10. Go Public
11. Man From Russia (Reprise)

posted by atons at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | the blow monkeys | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

ザ・キラーズ10月来日公演決定!!!!!

the killers 6年ぶりの来日公演が決定! しかも単独!! 海外ではウォームアップ・ギグでもなければありえない2000人クラスの新木場STUDIO COAST!!!。平日2公演というあたりはやはり日本での不人気ぶりを裏付けるようで寂しい気もするが、それだけにフェスなどでは望めないthe killersファンのthe killersファンによるthe killersファンのためのものすごく濃密なライブになると思う。

10月7日(月)新木場STUDIO COAST
10月8日(火)新木場STUDIO COAST
http://www.creativeman.co.jp/artist/2013/10killers/

ザ・キラーズ 秋頃来日か? 2013/03/06
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/11111563.html
The Killers関連記事
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/cat_276197-1.html
posted by atons at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | the killers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーティン・ロッシター“Live at The Unitarian Church”リリース

元geneのmartin rossiterがライブ・アルバムlive at the unitarian church(2011年5月1日の初ソロ・ライブ音源)を配信リリース。昨年発表のソロ・デビュー作the defenestration of st martinからの曲を中心に、geneのsomewhere in the world/is it over?/olympian/speak to me someone等も収録。

Martin Rossiter - Live at The Unitarian Church
http://martinrossiter.bandcamp.com/album/live-at-the-unitarian-church

The Unitarian Church 2011/05/01
Where There Are Pixels
http://www.youtube.com/watch?v=zkAMS8i5Kv8
Olympian
http://www.youtube.com/watch?v=KJhOtFiOIoc
Speak To Me Someone
http://www.youtube.com/watch?v=V8pjyTsJZdI
posted by atons at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 90年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

ジョニー・マー最新ライブ(ほぼ全編)映像

johnny marr 4月21日コロラド州イングルウッド公演、ほぼ全編映像。

Gothic Theatre, Englewood, Colorado 2013/04/21
1.the right thing right
http://www.youtube.com/watch?v=EW75Y58yhTY
2.stop me if you think you've heard this one before
http://www.youtube.com/watch?v=hJFKrbMGwGE
3.upstarts
4.sun and moon
http://www.youtube.com/watch?v=qDJgYCVOI6Q
5.there is a light that never goes out
http://www.youtube.com/watch?v=mDyIx_3f2SE
6.forbidden city
http://www.youtube.com/watch?v=R2_XDlfaUi4
7.london
http://www.youtube.com/watch?v=KSzPLheWF1k
8.lockdown
9.the messenger
10.generate! generate!
http://www.youtube.com/watch?v=7Pijmeo-Bks
11.say demesne
12.bigmouth strikes again
http://www.youtube.com/watch?v=bEZkRKyMBsY
13.word starts attack
http://www.youtube.com/watch?v=-p6hsCalUXQ
14.new town velocity
15.i want the heartbeat
http://www.youtube.com/watch?v=-p6hsCalUXQ
(encore)
16.i fought the law
http://www.youtube.com/watch?v=6NBgC66cygI
17.getting away with it
http://www.youtube.com/watch?v=4gFZeAFnyig
18.how soon is now?
http://www.youtube.com/watch?v=xvnIQX8iS3o

posted by atons at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | johnny marr | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モリッシー“Kill Uncle”完璧なリマスター

昨年のViva Hateスペシャル・エディションから順当なリリースとなるKill Uncle(Remastered edition)。ただ作品としての評価はいまひとつ、ふいに過去の曲が歌われる最近のライブにおいてさえ手つかずだったアルバムでもあるから順当にしては有難く、引き続き良好なリマスターにより初来日公演の記憶も鮮やかによみがえる。

アートワークと曲順の変更、追加収録される2曲ともKill Unnle前後のアルバムからのシングル・カップリング曲(Herman's HermitsのカバーEast WestはOuija Board, Ouija Board、Pashernate LoveはYou're The One For Me, Fattyにそれぞれ収録)といった微妙なズレなどはもはやお約束といった感じで驚くことではないが、このうえない完璧なエンディングだったはずのThere's A Place In Hell For Me And My Friendsを景気のいいスタジオ・ライブ・ヴァージョン(at KROQ)に差し替えてしまうに至っては...やっぱりMorrisseyのことはいつまでたってもわからない...と思い知らされる。

シングル・カップリング曲(Journalists Who Lie/Tony The Pony/That's Entertainmet/The Loop)に、アルバム未収録シングルからPregnant For The Last Time/My Love Life/I've Changed My Plea To Guilty等を加えただけでも、この時期のMorrisseyの魅力を再確認できる、むしろViva Hateより強力な1枚となっただろうし、収録されてしかるべき未発表曲(Born To Hang/Striptease With A Difference)も残っている...なんてまともな意見が気恥ずかしくさえある。

...それだけに、Morrissey作品の中でも最もデラックス盤化が似つかわしくない、そのどこか侘しげなアルバムのトーンについては見事に「リマスター」されているといってもいいと思う。

There's A Place In Hell For Me And My friends
http://www.youtube.com/watch?v=d3K6IMj01Xs
There's A Place In Hell For Me And My Friends(At KROQ)
http://www.youtube.com/watch?v=hgeGqKzoWHM

Striptease With A Difference
https://www.youtube.com/watch?v=7d0u4l0v4QE
Born To Hang
https://www.youtube.com/watch?v=EToosAw8KoU

posted by atons at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | morrissey | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする