2013年08月30日

モリッシー最新ライブ映像作品“Morrissey 25 Live”予約受付開始

morrissey最新ライブBlu-ray/DVD“Morrissey 25 Live”(10月21日リリース)が日本のamazonでも予約開始。ただしDVDについては今のところ「リージョン1」のみの取り扱い。10月22日入荷。

25: Live [DVD]
http://www.amazon.co.jp/25-Live-DVD-Import-Morrissey/dp/B00EUEWQFE/
http://www.amazon.co.jp/25-Live-Blu-ray-Import-Morrissey/dp/B00EUEWR3A/

日本版はキングレコードからリリース予定。
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/11272335.html

Morrissey - Everyday Is Like Sunday(Morrissey 25: Live)
http://www.youtube.com/watch?v=fZdGkGGIPpE
Morrissey - 25: Live (Trailer)
http://www.youtube.com/watch?v=iFRGfOVjN0g

Morrissey 25 Live詳細
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/11265322.html
posted by atons at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | morrissey | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

宙ぶらリンク

インターネットのおかげで本当に様々な音楽と容易に接する機会が増えた。情報源がほぼラジオと音楽雑誌に限られていた80年代からするとそれは増えたというレベルではない。そういう機会が新たに得られたというべきだろう。ラジオや音楽雑誌で取り上げられる前、もっといえばメジャーデビュー前の海外アーティストの曲を聴くなんて決してありえないことだった。それはとても素晴らしい体験であると同時に、しかしせっかく出会えた多くのアーティストやバンドがyoutubeとiTunesに数曲を残して、結局表舞台に立つことなく消息不明になってしまうという、一発屋にさえなり得ない...ちょっと切ない現象も引き起こすことになった。

僕にとってsunbirdsとgolden ghostというふたつのバンドは特に忘れがたい。本人達はそれぞれきっと充実した暮らしを送っているに違いないが、いずれの曲もいまだに大好きでよく聴くために、その当時「期待の新人現る!」とひとり盛り上がった気分ばかりが行き場を失い宙ぶらりんのまま妙に切なくなったり、でもこうして遠く離れた日本にちゃんと忘れずにいるれっきとしたファンがいて、未だにその楽曲を愛しているなんてそれはそれで素敵なことじゃないか...とロマンチックな思いに浸ったりしがち...。

...ちなみにsunbirdsのボーカルjames butteryは、バンド解散後darkstarに(デビュー・アルバムnorthから)加入している。

Sunbirds
http://bigsistermidnight.seesaa.net/article/393333255.html
http://bigsistermidnight.seesaa.net/article/393333260.html
Sunbirds - River Run
http://www.youtube.com/watch?v=D0BXsSK-XjU
http://www.youtube.com/watch?v=L50knk4WaMI
Darkstar Live, Part 1 - Amplified Ease
http://www.youtube.com/watch?v=U117vZDTa6U

Golden Ghost
http://bigsistermidnight.seesaa.net/article/393333721.html
http://bigsistermidnight.seesaa.net/article/393333837.html
http://soundcloud.com/goldenghostmusic
Golden Ghost - Skinny Love(Bon Iver)
http://www.youtube.com/watch?v=4RrhZcek5A4

posted by atons at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

ザ・ブロウ・モンキーズ最新ライブ映像

the blow monkeysがアルバムfeels like a new morningからタイトル曲feels like a new morning(2ndシングル)のライブ映像を公開。先週末ヘンリーオンテムズで開催された80年代フェスティヴァル“Rewind Festival”でのパフォーマンス。

The Blow Monkeys - Feels Like A New Morning(Live at Rewind Henley 2013)
http://www.youtube.com/watch?v=QlOXi5xK8gI

The Blow Monkeys - Feels like a new morning(official video)
http://www.youtube.com/watch?v=k9C1od6unfs

アルバム Feels Like A New Morning
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/11175339.html
posted by atons at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | the blow monkeys | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョニー・ヘイツ・ジャズ ツアーキャンセルの理由

johnny hates jazzが10月に行う予定だったUKツアーがキャンセルに。clark datchelrの胃に腫瘍が見つかったため。2週間前、公園を散歩中に卒倒、近くの病院に運ばれた際に判明したとのこと。

JHJ OFFICIAL STATEMENT
https://www.facebook.com/OfficialJohnnyHatesJazz/posts/651814961504838

素晴らしいアルバムmagnetizedをリリースして、さぁこれからというタイミングにとても残念な知らせであり、本人の無念は察するに余りある。ただ25年間を経てさらに輝きを増したエヴァーグリーンなポップ・センスについていえば、病気くらいではびくともしないはずである。


posted by atons at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | johnny hates jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

スクリッティ・ポリッティ ベスト盤Absolute 日本初CD化だけど...

せっかくEMIがUNIVERSALになったにも関わらず、帯だけ変更お手軽廉価リイシュー企画は続くようで、10月2日には、やはり1枚1,500円で毎度おなじみculture clubのkissing to be clever/colour by numbersも出る。ただし、今回はその中にscritti polittiのベスト盤absoluteが紛れ込んでいたりする。これについては2011年海外のみのリリースだったために、日本初CD化ということになる。

Scritti Politti - Absolute
http://www.hmv.co.jp/artist_Scritti-Politti_000000000027360/item_Absolute_5529870

...だからといって2年半もの間、日本盤を待ち続けたファンもそういないだろうし、せっかくのキャリア初ベスト盤を、帯だけ変えて適当に期間限定にしたやる気のない、とりあえず安けりゃいいだろ的なリイシュー企画の中に紛れ込ませるのは、ファンとしても決して気分のいいものではない。

absolute 2011/01/25
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/9953157.html

posted by atons at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | scritti politti | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

ボーイ・ジョージ新曲King Of Everythingが素晴らしい

boy george 10月26日リリースのニュー・アルバムthis is what i doからking of everythingとplay me(version)の2曲が公開。アルバムのオープニングを飾るking of everythingが曲も歌唱も素晴らしすぎて、...本当にboy georgeが帰ってきたという感じがして...朝から鳥肌と感涙。duran duranにとってのordinary worldに匹敵するくらいの1曲になるかもしれない。

King Of Everything
https://soundcloud.com/boy-george/king-of-everything/s-29Uvq
Play Me(Version)
https://soundcloud.com/boy-george/play-me-tv-mix/s-hkQrR
Play Me (Live 2007)
http://www.youtube.com/watch?v=0hWQunCtsDo

This Is What I do
1.king of everything
2.bigger than war
3.live your life
4.my god
5.it's easy
6.death of samantha
7.any road
8.my star
9.love and danger
10.nice and slow
11.play me
12.feel the vibration

Death Of Samantha
http://www.youtube.com/watch?v=Kz3b5WwiejY
A new song written by Boy George, Mikey Craig & Kevan Frost!(Love and Danger)
http://www.youtube.com/watch?v=RzqFqmJQWWQ

ボーイ・ジョージ“This Is What I Do”10月26日リリース
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/11278819.html
posted by atons at 09:46| Comment(2) | TrackBack(0) | culture club | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

The Chauffeur

雨の中、重い身体をズルズルと引きずる帰り道にふと口をついてからしばらく、david bowieのstrangers when we meetが耳を離れず、それを聴いてはまた重い身体を引きずって歩いた。そんな状況もstrangers when we meetの再生回数とともに落ち着いてきたここ最近は、過去最大級のthe chauffeurブーム。中学生の頃から数え切れないほど聴いてきた曲であり、一時期はライブで披露されることさえ食傷気味だったこともあるのに、何故か無性に聴きたくてたまらない。さらにオリジナルでは飽き足らずいろんなthe shauffeurを聴きまくっている。そんなわけでこの夏のプレイリストにはstrangers when we meetとthe chauffeurが唐突に並んだ。

The Chauffeur
http://www.youtube.com/watch?v=1B__8N5d_LA
The Chauffeur (Blue Silver) (Rio 1982)
http://www.youtube.com/watch?v=KOaD29iG2AY
Drive By
http://www.youtube.com/watch?v=QpYJCzPG9Mg

The Chauffeur (As The Lights Go Down)
http://www.youtube.com/watch?v=LUt37LoLdwk
The Chauffeur (Working For The Skin Trade)
http://www.youtube.com/watch?v=ONgrV0v1CSk

Drive By (Milan 1993)
http://www.youtube.com/watch?v=2H7nrsT0Y2w
The Chauffeur (Live From London 2004)
http://www.youtube.com/watch?v=cx-_rWfIGu0
The Chauffeur (Classic Albums: Rio 2009)
http://www.youtube.com/watch?v=baHbOjY0V8c

Chris Corner(Sneaker Pimps) with Simon Le Bon - The Chauffeur (Meli Melo in Tokyo 2003)
http://www.youtube.com/watch?v=7L0_DazpZGE

Duran Duran with Billy Corgan(Smashing Pumpkins) - The Chauffeur (CHICAGO 2008)
http://www.youtube.com/watch?v=Hq2XVjdfin0

Duran Duran vs Mark Ronson - The Chauffeur/Song 2/Tricked Out (2008)
http://www.youtube.com/watch?v=KWfDUs8PUgQ
Duran Duran's The Chauffeur with Nick, Simon & Mark(2010)
http://www.youtube.com/watch?v=Hwf8RrrfB3E
posted by atons at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | duran duran | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

80年代の現在をお土産に

青春時代を過ごした部屋で懐かしいレコードや音楽雑誌を手に、久しぶりにデュラン・デュランやカルチャー・クラブのことを思い出す...というのはこの時期の「80s男子/女子あるある」。80年代洋楽コンピ盤の売上げやiTunes storeでの80年代楽曲のダウンロード数も多少増える傾向にあるに違いない。

特に日々忙しく暮らし音楽から遠ざかったままの人達にとって、80年代洋楽は懐かしく暖かく切なくほろ苦い記憶とともにあるもので、いわば帰省の際のBGMのような存在だったりする。ゆえにまたUターンの混雑とともに現実に引き戻されれば、そういったエアポケットが簡単に消えてしまうのもやむを得ないのかもしれない。

ただ「...で今はどうしているんだろう?」と好きだったアーティストの名前をちょっと検索してみれば、いまだにそのほとんどは現役、80年代のあの一瞬の輝きとは違っても、素晴らしい音楽を作り続けている。容姿については多少幻滅することもあるかもしれないが...、曲を聴けばそのアーティストを青春の思い出や帰省のBGMに留めておくにはあまりにもったいない。ビジネス書や自己啓発本や著名人の思わせぶりなつぶやきやなんかよりも、もっと自然で大きな力を与えてくれるポップミュージックの魅力にいま一度気づかされるはずだ。

Duran Duran - All You Need Is Now
http://www.youtube.com/watch?v=A7Er5TsQrGg
Duran Duran - Girl Panic!
http://www.youtube.com/watch?v=sSMbOuNBV0s
デュラン・デュラン関連記事
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/cat_270891-1.html

Culture Club - Universal Love
http://www.youtube.com/watch?v=NXYq-k1gA7g
Dharma Protocol feat Boy George - Coming Home
http://www.youtube.com/watch?v=fda06aWNO7s
ボーイ・ジョージ/カルチャー・クラブ関連記事
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/cat_276024-1.html

Johnny Hates Jazz - Magnetized
http://www.youtube.com/watch?v=7dvuv_KPFJk
ジョニー・ヘイツ・ジャズ関連記事
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/cat_370450-1.html

The Blow Monkeys - Feels Like A New Morning
http://www.youtube.com/watch?v=k9C1od6unfs
ザ・ブロウ・モンキーズ
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/cat_379632-1.html

Wet Wet Wet - Too Many People
http://www.youtube.com/watch?v=1fR-j4O7ePE
Wet Wet Wet Greatest Hits Tour December 2013
http://www.youtube.com/watch?v=6IdlpMOEYY4
ウェット・ウェット・ウェット
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/cat_270587-1.html

Nik Kershaw - The Sky's The Limit
http://www.youtube.com/watch?v=RL_rYCgn6uk
Pet Shop Boys - Vocal
http://www.youtube.com/watch?v=qNR8gQAoYCs
OMD - Metroland
http://www.youtube.com/watch?v=CidCX2gyJ9E
British Electric Foundation - I Wanna Be Your Dog (feat. Boy George)
http://www.youtube.com/watch?v=yUaxkRdGCJM

80年代
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/cat_278698-1.html
80年代後半
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/cat_278194-1.html

posted by atons at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

ザ・キラーズとザ・ヴァージンズ

the killers 15日ジョージア州アルファレッタ公演にthe virginsが登場、neil youngのalbuquerqueを共演。
Verizon Wireless Amphitheatre At EncorePark, Alpharetta, GA 2013/08/15
The Killers with The Virgins - Albuquerque (Neil Young Cover)
http://www.youtube.com/watch?v=kZCZzM23Eik

albuquerqueは5月5日のアルバカーキ公演のご当地ネタ的カバーとしても披露している。
The Killers - Albuquerque (Neil Young) 2013/05/05
http://www.youtube.com/watch?v=wV4U6a5QtPI

ザ・キラーズ ご当地ネタ的カバー集 Ver. 2
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/11217510.html
posted by atons at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | the killers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

ジョニー・マー サマソニと一生分の後悔

johnny marrサマソニでのステージは2日間(10日大阪/11日東京)とも全く同じセットリスト。2会場でやるには不公平感が無くて実は良心的かもしれない...。残念ながらpet shop boysとの共演は実現しなかったものの、「pet shop boysにささげる」と言ってからgetting away with itを演奏したらしい。

twitter上で「これを見逃したThe Smithsファンは一生後悔する」なんて物騒なつぶやきを見かけたが、見逃して一生続く後悔が始まったばかりのthe smithsファンのひとりとしては、...ならばその素晴らしいライブについてたった一度の単独公演さえ実現できなかった関係者の後悔は一生分でも足りないんだろうな...と皮肉のひとつも言わずにいられない。

Summer Sonic 2013 (8月10日大阪/11日東京)
the right thing right
stop me if you think you've heard this one before
upstarts
sun & moon
generate! generate!
bigmouth strikes again
word starts attack
new town velocity
i fought the law
getting away with it
how soon is now?
there is a light that never goes out

Johnny Marr - There Is A Light That Never Goes Out(Summer Sonic 2013 Tokyo 2013/08/11)
http://www.youtube.com/watch?v=tzudh9IjbJI
posted by atons at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | johnny marr | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする