2014年01月31日

モリッシー“ユア・アーセナル完全版”3月26日リリース

morrisseyのyour arsenal(definitive master DVD付リイシュー)が日本盤「ユア・アーセナル完全版」として3月26日にリリースされることに。昨年ライブBlu-ray/DVD“morrissey 25 live(Japanese edition)”は出ているものの、CDの日本盤については2009年の「イヤーズ・オブ・リフューザル」と「サウスポー・グラマー(ニュー・ヴァージョン)以来約5年ぶり。収録内容は輸入盤と同じ。

3月26日
ユア・アーセナル完全版 CD+DVD
http://wmg.jp/artist/morrissey/WPZR000030522.html
http://www.amazon.co.jp/dp/B00I50MMN0/
1.2014最新デジタル・リマスター
2.ステーヴ・ペックによる「トゥモロー」のUS MIX収録(*オリジナルと差替え)
3.未発表ライヴ映像(1991年10月31日ショアライン・アンフィシアター)
 :Shoreline Amphitheatre, Mountain View, CA, USA - October 31st, 1991.
4.ソフトパック仕様

輸入盤は2月24日リリース
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/11382331.html
posted by atons at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | morrissey | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

愛しの7インチ

聴かない(聴けない)アナログ盤についてはどちらかといえばやむを得ず購入、ほどなくして持て余すという流れにあったはずが、例えば7インチ・ピクチャー・ディスク仕様なら12インチほどかさばらないし見た目にも可愛らしくてなかなかいいね...なんてニヤニヤ眺めるようになって...、気がつくとここ最近、主にmorrisseyの作品中心とはいえ、アナログ復権の流れにまんまと飲み込まれてしまっている。

その一方で、iTunes Storeの利用は一時期よりかなり減った。輸入盤と変わらない価格ならレコード/カセット・テープ世代は現物が手元に残るほうを選ぶ。配信自体がなかったり、日本盤リリースを待ってからの配信となると、CDが届くまでの間をダウンロードでしのぎたい音楽好きの先走った気持ちも萎える。いくらかましになったとはいえ国やレコード会社の壁も依然として残っていれば、同じ作品が複数並ぶ状態も改善されず、ふと思い出して聴いてみたくなるような曲、それこそあってよかったiTunes Storeと思えるような曲はやっぱり見つからない。

もちろんそれでも便利には違いないけれど、場合によっては聴けないアナログ盤より使えない。やればできるのにやらないし、必ずしも音楽ありきというわけでもないようだから、尚更7インチが愛おしくなる。
posted by atons at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

30年後の30秒

ふとliving in a boxのbed of rosesが使われたシュウェップスのCM映像ってyoutubeにあるのかな...と思い立って探してみたらきちんと2種類あったのがうれしくて、...そのまま思いつくままに80年代洋楽アーティスト登場CMを懐かしんだ。

田舎で民放も少なかったうえに、山に囲まれた実家はまともに映るのがNHKと民放1局だった時期もあったから、当時はduran duranやboy georgeのCMもほんの数えるほどしかお目にかからなかった。living in a boxやcuriosity killed the catのCMも1回見たか見ないか、もしくはミュージック・ライフの写真や広告で何となく見たものとして記憶に残っていたような気がする。

録画自体も今ほど簡単ではなかった頃の映像が劣化の早いVHSで何とか留まり、こうしてリアルタイムよりしっかり堪能できるというのがとても有難い。boy georgeの「恋のファイアーボーイ」なんて(...まぁこれはboy georgeのせいでもあるけれど)、2009年にコンピ盤に収録されるまで、ファンが録画して大切に保存していたVHSの中にしか存在していなかったといっても過言ではない...。

duran duran/culture club/stingあたりは、リイシューの際にこういったCM映像を日本独自特典として収録するような粋なはからいがあってしかるべきだとも思うのだが...、そんな淡い期待も虚しく今や日本盤のリリースさえ難しくなりつつある。レコードもCDもビデオもまだ高価だった時代にわびしい小遣いをやりくりして応援していたファンの気持ちは、いまだ還元されることもないから、youtubeで見られるほんの30秒のCM映像のように健気で熱い。


探しものは何ですか 2009/11/11
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/8933181.html

Living In A Box - Bed Of Roses アサヒ ブラック シュウェップス
http://www.youtube.com/watch?v=Fn236zjkz-E
http://www.youtube.com/watch?v=PA0wVvI5EbE

Curiosity Killed The Cat - Ordinary Day マクセルUD-1N
http://www.youtube.com/watch?v=ZgVZ3L14aXM

Thompson Twins - King For A Day / Lay Your Hands On Me マクセルUDシリーズ
http://www.youtube.com/watch?v=8wYsrIltg_M

Sting - We'll Be Together キリンビール
http://www.youtube.com/watch?v=4zQx0NiZ-Qk
Sting - If You Love Somebody Set Them Free FUJI SUPER HG
http://www.youtube.com/watch?v=7QFwYP3Rqes
Sting - Englishman In New York FUJI SUPER HG
http://www.youtube.com/watch?v=VMR0eAWuXQ4

Bryan Ferry - Don't Stop The Dance FUJI SUPER HG
http://www.youtube.com/watch?v=IqSm53LyXHE

Boy George - Fireboy Meets His Match タカラ CANチューハイ
http://www.youtube.com/watch?v=g6XgPZpXvSk
Boy George - Fireboy Meets His Match
http://www.youtube.com/watch?v=bDfh65NMmpc

Duran Duran - Is There Something I Should Know? サントリーウィスキーQ
http://www.youtube.com/watch?v=ki3dBxFjeYk
Duran Duran - The Reflex サントリーウィスキーQ
http://www.youtube.com/watch?v=tWxApUkrjVY

posted by atons at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

スーツと素っ裸と振り子の関係

結局スーツと素っ裸と振り子の関係がよくわからないまま新しいCMに変わった。「オンとオフの切り替えが大切」的なことを言っているには違いないのだが、それしきのことを言うのにスーツと素っ裸の間に振り子をぶら下げる必要があるのか...、それとも何かもっと深遠なテーマがあるのか...、スーツを売りたいだけのCMで...などと考えてみるとやっぱりよくわからない。

どうしても素っ裸に引っ張られると、振り子は自然と具体的な形を持ち始め...つい下ネタのようにも聞こえ...素っ裸の股間に振り子が揺れているイメージばかりが残る...のは僕の中学生男子並の頭の問題としても、例えば「プライベートな時間を大事にするようにスーツ選びにもこだわって」などというメッセージを伝えるには素っ裸と振り子はまぁ無くていいと思う。坂本龍一がそれなりの雰囲気で渋くきめると何か有難く思えるのかもしれないが、普通の会話にスーツと素っ裸と振り子が並べば直接聞いた人はまず「はぁ?」という反応になるし、周囲の人たちにはきっと酔っ払いの奇行の話でしかないはずだ。

映像や音楽やその場の雰囲気に左右されるのは仕方ないにしても、単純に何を言っているのかよく聞いてみれば、ちょっといいことを言おうとした挙句スーツを脱いだら振り子がぶらぶらしてしまったり、今さら言うまでもない当たり前を繰り返すだけだったり、批判も批判していいところしか批判していなかったり、批判できないところはあえていいと言ってしまえば丸く収まる常套手段でしかなかったり...。

何となくそんな雰囲気で大きな声で言ったもん勝ちである点は、子供が数人集まって遊びを決める際に起こるひと悶着にも似ている。それを親の視点で見守ることができればいいのに...、一緒になって夢中でよく遊びよくもめる。
posted by atons at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

モリッシー Satellite Of Love(Live)リリース

morrisseyのニュー・シングル“satellite of love(live)”がiTunes storeで配信開始。

Satellite Of Love(Live)
https://itunes.apple.com/jp/album/satellite-of-love/id775252971
1.Satellite Of Love (Live)
2.You're Gonna Need Someone On Your Side
3.Mama Lay Softly On The Riverbed (Live)

satellite of loveは2011年11月ラスヴェガス公演、mama lay softly on the riverbedは2008年 O2 wireless festivalでの収録。you're gonna need someone on your sideは2月25日リリースyour arsenal(definitive master DVD付リイシュー)からの最新リマスター音源。satellite of love(live)のみ昨年12月に先行配信済み。

Satellite Of Love (Chelsea Ballroom at the Cosmopolitan, Las Vegas 2011/11/25)
http://www.youtube.com/watch?v=LLXS9So5SW0
Mama Lay Softly On The Riverbed (O2 Wireless Festival, Hyde Park, London 2008/07/04)
http://www.youtube.com/watch?v=cIjQdt-vFRc

アナログ盤2種(7インチ・ピクチャー・ディスク仕様/12インチ重量盤)は1月28日リリース。

7インチ ピクチャー・ディスク仕様
http://www.amazon.co.jp/Satellite-Love-Analog-Morrissey/dp/B00GY6ZC02/
A side
Satellite Of Love(Live)
B side
You're Gonna Need Someone On Your Side
You Say You Don't Love Me(Live)

12インチ重量盤
http://www.amazon.co.jp/Satellite-Love-Analog-Morrissey/dp/B00GY6ZE6E/
A side
Satellite Of Love(Live)
You're Gonna Need Someone On Your Side
B side
Vicar In A Tutu(Live)
All You Need Is Me(Live)

satellite of loveは昨年12月11日ノーベル平和賞コンサートでも披露。
Morrissey at the Nobel Peace Prize Concert 2013/12/11
People Are The Same Everywhere/Satellite Of Love/Irish Blood, English Heart
https://www.youtube.com/watch?v=SM11X9RuY44


posted by atons at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | morrissey | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

紆余曲作

今週初め4人の写真とともにニュー・アルバム制作開始(再開)が伝えられたculture club。boy georgeのつぶやきによると、まずはプロデューサーyouth(martin glover)を交え曲作りをしているとのこと。

プロデューサーについては、まず今回の再結成が正式発表される以前、2010年にboy georgeがアルバムrecord collectionに参加した縁でmark ronsonの名前が上がり、2011年7月のニュー・アルバム制作開始を経た年末の再結成ライブ発表の際にはsteve levineの姿が見え、2012年1月にはmark ronsonとスタジオで何らかの作業を行い...、当初目標としていたはずのデビュー30周年となる2012年4月が何事もなく過ぎ去り、再結成プロジェクトの延期とともに...しかしyouthとニュー・アルバムの制作も進行中であるということが伝えられ...昨年のインタビューではbrian enoの名前も挙がりつつ...現在に至る。

すでに再結成発表から3年近く待たされている点はさておき...、とりあえずyouthとのコラボが続いているということはつまりこれまでの延長線上にあるわけだから、それなりに曲も出来上がっているはずで、少なくとも一から作り始めるほどの時間は要さないだろう...。

デビュー30周年(2012年)、colour by numbersリリース30周年(2013年)という絶好のタイミングを逃し、仮にギリギリ今年中に新作が間に合ってもwaking up with house on fire 30周年...はあえて触れないほうがいいかもしれず...かといってfrom luxury to heartache 30周年の2016年まで待たされても困る。一度目の再結成アルバムでもある前作don't mind if i doからは今年でもう15年か...。正直もったいないというところもあるけれど、boy georgeが身をもって示したように、心のこもった作品があればそんな賑やかしも必要としない。むしろ何もない2015年あたりが今回の本当の再結成にふさわしい。

Culture Club - Universal Love (Dubai 2011/12/29)
http://www.youtube.com/watch?v=gVwI5w46dpw

カルチャー・クラブ新作製作開始 2014/01/21
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/11423619.html
ロンソン再生工場 2010/09/22
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/9713413.html
論よりロンソン 2010/09/24
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/9717595.html
ロジャー・テイラーのブログにボーイ・ジョージ登場 2010/10/15
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/9760872.html
ニュー・アルバム製作開始!!! 2011/07/23
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/10268238.html
posted by atons at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | culture club | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

ヤング・ザ・ジャイアント2ndアルバム好発進

2ndアルバムmind over matterをリリースしたyoung the giantの最新インタビュー。morrisseyが1stアルバムを激賞したエピソードについても触れられている。

How Young the Giant Found Their Voice and Lost Their Inhibition
http://www.rollingstone.com/music/news/how-young-the-giant-found-their-voice-and-lost-their-inhibition-20140122

morrisseyのyoung the giant推薦文
Young The Giant (True To You 2011/06/01)
http://true-to-you.net/morrissey_news_110601_01

リリース当日にはJimmy Kimmel Liveに出演、アルバムからの1stシングルit's about timeと2ndシングルcrystallizedを披露。
It's About Time
http://www.youtube.com/watch?v=jIB3oOXtbAU
Crystallized
http://www.youtube.com/watch?v=4HYpWbYQ8oM

本国アメリカにおいてmind over matterは21日リリース直後から好調な滑り出し。amazonではトップ20入り、iTune storeでは僕が見た限り最高2位(1stアルバムはbillboard最高42位)。

Young The Giant関連記事
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/pages/user/search/?keyword=young+the+giant
posted by atons at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

ウェット・ウェット・ウェット 夏に競馬場ツアー

wet wet wetが昨年末のグレイテスト・ヒッツ・ツアーに引き続き、今年の夏もツアーを行うことを発表。7月から8月にかけてUKの主要競馬場を会場に6公演行われる。

WET WET WET AT THE RACES : SUMMER 2014
http://wetwetwet.ning.com/page/at-the-races

昨年リリースの最新ベスト盤“step by step the greatest hits”にはタイトル曲を含む3曲の新曲を収録。
Wet Wet Wet“Step By Step The Greatest Hits” 2013/12/01
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/11379124.html
Step By Step (Lyric Video)
http://www.youtube.com/watch?v=ZCz6hWTUB0U

Wet Wet Wet関連記事
http://blogs.dion.ne.jp/atonsdemo/archives/cat_270587-1.html
posted by atons at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | wet wet wet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

ヤング・ザ・ジャイアント 2ndアルバム本日リリース!!

ついに今日1月21日リリースとなったyoung the giantの2ndアルバムmind over matter。youtubeでは全曲フル試聴もスタート。

1.Slow Dive
http://www.youtube.com/watch?v=_u0iHMAtBK8
2.Anagram
http://www.youtube.com/watch?v=4oZ3FTI6mMA
3.It's About Time (1stシングル Official Video))
http://www.youtube.com/watch?v=DO6LJUyNA0M
4.Crystallized (2ndシングル Official Video)
http://www.youtube.com/watch?v=zF5uMvCGUCM
5.Mind Over Matter(Lyric Video)
http://www.youtube.com/watch?v=-9ObFJhX2nw
6.Daydreamer
http://www.youtube.com/watch?v=r6z946kUzCI
7.Firelight
http://www.youtube.com/watch?v=wYkl_fPs6P4
8.Camera
http://www.youtube.com/watch?v=1aErVvZWTk4
9.In My Home
http://www.youtube.com/watch?v=gQV3JzOTeKM
10.Eros
http://www.youtube.com/watch?v=b-efnHJ02-g
11.Teachers
http://www.youtube.com/watch?v=dw9CeUfd0_M
12.Waves
http://www.youtube.com/watch?v=YvqQ4lvR_Po
13.Paralysis
http://www.youtube.com/watch?v=rqJfHCcH8ec


またアルバムから“firelight”の恒例in the open sessions映像も公開。
Young the Giant: Firelight (In The Open)
http://www.youtube.com/watch?v=IesdveyZq_0

Young the Giant: The Making Of Mind Over Matter
https://www.youtube.com/watch?v=hfEFJKGB4vI


posted by atons at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mark Morriss(The Bluetones)2ndソロ作 2月24日リリース

元the bluetonesのmark morrissがニュー・アルバムa flash of darknessを2月24日にリリース。2008年発表のmemory muscle以来6年ぶり。the shins“pink bullets”とkavinsky“nightcall(映画「ドライヴ」主題歌)”のカバーも収録。

A Flash Of Darkness
https://itunes.apple.com/jp/album/flash-darkness-deluxe-edition/id804783766
https://www.recordstore.co.uk/recordstore/recordstore/A-Flash-Of-Darkness-Signed-CD-Bonus-Disc/35FN0000000
1. A Flash Of Darkness
2. Consuela
3. Guilty Again
4. It’s Hard To Be Good All The Time
5. Pink Bullets
6. Low Company
7. Life Without F(r)iction
8. This Is The Lie (and That’s The Truth)
9. Space Cadet
10. Nightcall
11. Sleep Song
(Bonus Disc: This Is The Lie EP)
1. This Is The Lie (and That's The Truth)
2. Life Without F(r)iction (demo in A major)
3. The Boy In The Dress
4. Billionaire Boy
5. Mr Stink
6. Ratburger
7. Gangsta Granny
8. Demon Dentist

ボーナス・ディスクは昨年12月配信リリースされた先行シングルthis is the lie
This Is The Lie(And That's The Truth)
http://www.youtube.com/watch?v=Bts12boY3lg
https://itunes.apple.com/jp/album/this-is-lie-thats-truth/id751709057


こちらは昨年1月のライブからduran duran“rio”のカバー。the bluetonesデビュー時のインタビューで、好きだったアーティストとしてduran duranの名前が挙げられていたのを思い出す。

Mark Morriss - Rio (Queen of Hoxton 2013/01/17)
http://www.youtube.com/watch?v=_czh3rgERA0
posted by atons at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 90年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする